しぜんのゆめ

5人のチェリストのコメディー漫画

【作品番号1番】これが、しぜんのゆめの団員の日常であるのだ!

あらすじ

人形たちが住む小さな島・カミーユ―――。

あまりにも小さい為、知る人が0に等しく観光客も来ない。

しかも、店はスーパー・八百屋・魚屋・本屋・薬局の5軒のみで、学校は1軒だけである。

それもそのはず、まだ新しく出来たばかりの国である。

 

20代のチェリストの5人組による「しぜんのゆめ」結成したものの、誰も来ないし、聴きに来てくれない。

チェリストたちは田舎町・ウォルフガング町にある借家でまるでニートみたいにのんびり暮らしている。

 

 

 人物紹介についてはこちら⇩

 

【1】一発ギャグ

f:id:minan0406:20160810094602j:plain

 

 

【2】世界の挨拶

f:id:minan0406:20160822174104j:plain

 

 

【3】ひかるんの金庫の暗証番号(前編)

f:id:minan0406:20160822181208j:plain

 

 

【4】ひかるんの金庫の暗証番号(後編)

f:id:minan0406:20160822181349j:plain

 

 

【5】これが、しぜんのゆめの団員の日常であるのだ!

f:id:minan0406:20160824150252j:plain

 

むぜん豆知識【1】

 こんにちは、夢の天使・むぜんです。

俺は皆さまの為に役に立たない豆知識を教えたいと思います。

 

団員の数は5人となっていますが、昔はもっといたのですが、方向性の違いで皆それぞれ別の道へ行ってしまったようです…。

しかも、人々は都会に住むのが憧れて、島から出て行ってしまったのです。

…まだ新しく国ができたばかりなのに。

先進国並みの技術はこれから発達すると思いますよ。

 

 

 

 

 

おわり。次回も続きます。

f:id:minan0406:20160824152936j:plain